供物に関して

祭壇の周りなどに飾られる品物や花を供物、供花と呼びます。これは宗教によってしきたりなども異なりますので、用意する場合にはきちんと確認しておく必要があります。ここでは葬儀のマナーとして、供物、供花について紹介していきます。

まず各宗教における供物、供花の例を紹介します。
仏式の葬儀の場合、供物は線香やろうそく、果物や干菓子などで、供花は白菊やユリ、カーネーションなどが適切となります。
次に神式の場合、供物は魚などの海産物、酒や果物、米などで、供花は白菊やユリなどです。供花に関しては仏式と同じという認識で問題ありません。
キリスト教式の場合、供物はなく、供花は白い花であれば問題ありません。

キリスト教式の葬儀は日本において一般的に行われる仏式の葬儀と作法がかなり異なります。例えば、お悔やみの言葉などは葬儀では伝えません。また、葬儀や告別式では祭壇に白い花を捧げる献花が行われます。
さらにキリスト教の葬儀では聖歌、賛美歌斉唱の儀があります。キリスト教の信者でない方は聞いているだけでも問題ありませんが、多くの場合、一節を記載した紙が配られますので、それを見ながら口を合わせる努力をすることも大切です。

最後に、葬儀によっては飾る場所が無かったり、処分の際に面倒であるという理由で供物、供花をお断りする喪家も見られます。供物を用意したいという自分の意向だけでは迷惑になる可能性もありますので、事前に喪家の意向を確認するようにしましょう。