見積書の見方

葬儀の業者を決める際に葬儀費用などの見積もりを行ってもらうことになると思います。そんな葬儀業者の見積書は正しい見方を知っていないと思わぬ請求が行われる可能性があります。ここでは見積書の見方について簡単に紹介していきます。

まず葬儀社業者の見積もりは一般的に葬儀一式費用のみの記載が一般的です。これには葬儀業者が直接提供するものが含まれ、多くの葬儀業者はその内訳を記載しないケースが多くなります。内訳の例として葬儀場の使用料、火葬費用などがあります。

また、この葬儀一式費用には飲食接待費用が含まれていません。これは前述したように葬儀業者が直接提供するものではなく、料理屋などに仲介発注するものであるためです。業者によっては見積書に飲食接待費用を記載しないケースも見られます。
さらに寺院費用に関しては見積書に記載されることはありません。読経料や戒名料は本来葬儀とは関係のない費用であり、こちらは遺族の方で処理する必要が多くなります。また、読経料や戒名料はあくまでお布施であり、あくまで個人のお礼として扱われる部分も大きな要因となります。

この見積書は葬儀業者を選ぶ上で非常に重要な要素の一つと言えます。見積書が適当だとどの部分にいくらかかっているか不透明で、信用することが難しくなるためです。病院や警察などでも葬儀業者の紹介があると思いますが、こちらに頼りすぎるとより効率の良い葬儀を行うことが難しくなる可能性があります。最後は自分の判断で決めることが大切です。