各宗教の葬儀

日本においては火葬が一般的となっていますが、世界的に見てみると火葬の割合はそこまで多いとは言えません。火葬は仏式の葬儀でよく行われ、日本人は古くから仏教と強い結びつきがあるためです。ここでは各宗教の葬儀方法について簡単に説明していきます。

まず仏教と形式が似ている宗教にヒンドゥー教があります。ヒンドゥー教に関しても火葬が一般的に行われますが、火葬された後は遺骨を川に流すという風習があります。火葬を行うことで肉体と精神を切り離し、故人の霊魂を立ち昇る煙によって天上界に送り届けるという教えに基づいています。

次に儒教の世界において火葬はご法度とされています。韓国は儒教の国であり、韓国において火葬の割合が少ないのはこのためです。しかし、土地の問題などから火葬を認める場合もあります

イスラム教においては儒教以上に火葬に対して嫌悪があります。これは死者は復活するという教義があり、火葬をしてしまうと復活することができないことに由来します。

キリスト教は基本的に火葬をしない宗教なのですが、国の事情などによっては火葬を認めるケースは多々あります。日本のキリスト教徒が火葬を行うのもその代表例となります。宗教は国の事情などにより柔軟な対応を行うケースが多く、これが広く信仰される理由の一つでもあります。

このように世界の葬儀を見てみると仏教以外は基本的に火葬以外を選択する傾向にあります。日本で当たり前であることも世界的に見ると珍しいということはよくあることです。