葬儀の際に必要な持ち物

葬儀は誰しも経験したことのある儀式であると思いますが、葬儀のマナーは意外と知らない部分がおおいのではないかと思います。ここでは葬儀に関するマナーの中でも服装に関して簡単に紹介していきたいと思います。

昔は遺族や親族は葬儀に臨む際、正式礼装とするのが一般的でした。しかし、現在では服装の在り方が変わり、略礼装のブラックスーツで臨むことが一般化されています。女性の場合は通夜、葬儀ともに洋装を選択する方が多くなってきています。

細かい部分で言うと、男性の場合、シングルかダブルのブラックスーツを着用し、シャツは白無地、ネクタイは黒無地を選択します。靴下は黒無地を選び、靴は光沢のないシンプルな物を選ぶようにしましょう。
女性の場合、化粧をシンプルにし、マニキュアなどはしないこと。結婚指輪以外のアクセサリーは付けず、髪はすっきりまとめるように心がけましょう。スカートは正座した時に膝が隠れる程度の長めのものを選び、ストッキング、鞄は黒を選びます。靴は光沢のない革製を選び、ヒールの場合は3cm~5cmを目安にします。
子供が参列する場合は、まず学校の制服などが最も良い服装となります。これは男性も女性も同じです。制服が無い場合は、白いシャツに黒か紺、グレーのズボン、ブレザーを合わせるようにします。ネクタイをする必要はありません。

最近の葬儀は服装に関してそこまで大きな決まりはないように見受けられます。スーツを着て、派手なアクセサリーを避ければ問題ないかと思います。